スピーカー募集

WordCamp Kyoto 2017 セッション登壇者を募集します!

WordCamp Kyoto 2017 では、登壇するスピーカーの公募をいたします。

WordCampは、WordPressに関わる皆さんすべてを対象としたイベントです。「関わるすべての皆さん」とは、WordPressを既に使っている方、WordPressの開発や日本語化に関わっている方、WordPressをこれから使ってみようと思っている方など、本当に「すべて」です。

そして、WordCampはWordPress Foundationに認められた公式のイベントです。
WordCampに登壇すると、WordPress.orgでのプロフィールにスピーカーバッジがつき、WordPress.tvで動画が公開されます。

「 Connect to __ 」

現在、WordPress はあらゆる形で利用されています。個人のブログや日記、メディアサイト、企業のWebサイトはもちろんのこと、Webアプリケーションのプラットフォーム、社内のシステムなどにもその利用は広がっています。

さらに、WordPress への REST API 機能の実装は、WordPress だけでなく他のサービスやプロダクトとの連携をより強く後押ししています。

そのような背景を踏まえ、WordCamp Kyoto 2017 では様々なプロダクトが、そして様々な人々のアイデアが繋がる場になれば良いなと思っています。そして、そのような関わりを縁として、WordPress にまつわる多種多様な切り口の話を参加者の皆様とぜひ共有したい! と考えています。

WordPress について話してみませんか?

私たち WordCamp Kyoto 2017 の実行委員は、WordPressに関するさまざまなトピックをお話しいただけるスピーカーの方を募集します。

WordPressを使ってブログを書かれている方、貢献者、デザイナー、コンサルタント、教育関係者、開発者、コンテンツマネージャー、また肩書きは関係なく、WordPressに関わる事柄について、面白い使い方や革新的な使い方、自身の経験や開発を伝えたい方、WordCampで発表してみませんか?

また、WordPressコミュニティの外からの声も聞きたいと思っています。他のオープンソースプロジェクトや開発を行っていて、WordPressコミュニティが学ぶことができる幅広い情報を提供できる方からの応募もお待ちしております。

例えばこんなトピックはどうでしょうか?

いくつかトピックの例を挙げてみます。

  • 日本のコミュニティから世界に向けて発信したいこと
  • WordPressのコントリビューション活動、コミュニティ活動
  • 大規模メディアまたはエンタープライズWebサイトのケーススタディ
  • 開発環境、リリース、テストなどの技術的トピック
  • REST API の実案件での活用方法
  • セキュリティ
  • 公式テーマ登録・公式テーマの審査・正しいテーマの作り方など
  • 公式ディレクトリを利用するメリット
  • テーマのアクセシビリティやWAI-ARIAについて
  • WordPressの運用ノウハウ
  • 記事の無断転載と著作権
  • ブログの改善について
  • NPOで活用するWordPress
  • JavaScriptを含むフロントエンド技術
  • ユーザーインターフェイスの設計
  • フリーランスからチーム構築へ
  • ノンコーダーとしての貢献
  • WordPressとビジネス
  • オープンソースとライセンス

もちろん、上記例がすべてではありませんし、私たちが思いつかないようなトピックも期待しています。

お話しする人と聞きたい方の縁、WordPressと皆さまの を結べるよう、実行委員一同、面白いWordCampを作りたいと考えています。

ちょっとでも「話せるかも」「話したいかも」と思った方、ぜひ一歩踏み出してみませんか。

みなさまからのご応募をお待ちしております。

開催概要

【日程】

2017年6月24日(土)

【場所】

京都大学 国際科学イノベーション棟

【発表時間】

15分または30分。+ 5分~10分の質疑応答の時間を設けます。

【応募期限】

2017年3月17日(金)23:59

【選考結果】

3月末までに当落をご連絡いたします。

【応募資格】

  • WordPressを使用したブログやサイト、サービス、システムの制作、設計、運用、企画などの経験を一般に公開していただける方
  • WordCamp スピーカー同意書」「100% GPL チェックリスト」をお読みいただき、内容に同意いただける方
  • 講演の写真撮影、動画の配信、発表のスライドの公開に同意いただける方。動画はWordPress.tvにて公開予定です。









備考

  • セッション内容など必要に応じて、事前の打ち合わせをGoogleハングアウトなどで、お願いする場合があります。
  • 交通費、宿泊費など参加にかかる費用は登壇者ご自身のご負担となります。
  • 発表内容やWordPressのライセンスポリシーに従って選考を行い、当落については個別にご返答いたします。(当落理由については開示いたしません)。

行動規範

1. 目的

WordCamp Kyoto は、私たちのコミュニティが誰にでも真にオープンであるべきだと考えています。このため、私たちは性別・性的指向・身体障害・民族・宗教・好みの OS やプログラミング言語、テキストエディターにかかわらず、誰に対してもフレンドリーで安全で快適な環境を提供できるよう尽力します。

この行動規範では、参加者の行動に求めることと、受け入れがたい行為が招く結果について要点をまとめています。

すべてのスポンサー、ボランティア、一般来場者、その他の参加者の皆さんが、誰にとっても安全で快い体験ができるカンファレンスを実現するために協力してくれることを歓迎します。

2. オープンソース市民

この行動規範のもうひとつのゴールは、参加者が私たちのしていることとコミュニティ全体の関係を認識し、強化することによって「オープンソース市民」を増やすということです。

このゴールを達成するために、WordCamp Kyoto の運営者はイベントを通して模範となる「市民」の推薦を受け付け、カンファレンス後にサイト上で選ばれた出席者を表彰します。私たちのコミュニティが心地よく、フレンドリーで、すべての参加者が最大限に貢献できるようにするために特別努力している人を見かけた場合、ぜひ受付や運営者に推薦してください。

3. 求められる行動

  • 思いやりを持ち、お互いを尊重し、協力的に行動しましょう。
  • 品位のない、差別的・迷惑な行動や発言は慎みましょう。
  • 周辺や、他の参加者に気を配りましょう。危険な状況や誰かが困っている事に気づいたら、カンファレンス運営者に知らせましょう。
  • 偽りのない、能動的なやり方で参加しましょう。そうすることで、WordCamp Kyoto の運営に協力し、自分らしいものにできます。

4. 受け入れがたい行為

「受け入れがたい行為」には以下が含まれます。

  • WordCamp Kyoto および関連するイベントにおける参加者による威嚇的・迷惑・虐待的・差別的・軽蔑的・屈辱的な行為。

WordCamp Kyoto のすべての会場は公衆と共有されている場合があります。そういった場所で他のお客さんの迷惑にならないようにしてください。

「迷惑行為」には以下が含まれます。

  • 性別・性的指向・人種・宗教・障害に関する攻撃的な口頭のコメント
  • プレゼンスライドを含む公的空間においての裸体や性的画像の不適切な使用
  • 嫌がらせとなる写真撮影や録音
  • プレゼンその他のイベントに対する継続的な妨害
  • 不適切な身体的接触
  • 歓迎されていない性的な注目

5. 受け入れがたい行為が招く結果

受け入れがたい行為は、他の一般来場者、運営者、会場スタッフ、スポンサー、WordCamp Kyoto の会場に来ている他のお客さん、いずれによるものであれ、許容されません。

受け入れがたい行為をやめるように言われた方は、直ちに応じることが求められます。

もし参加者が受け入れがたい行為を行った場合は、その人に警告や返金なしにカンファレンスから退場してもらうことも含め、カンファレンスの運営者は自身が適切だと考える対応を取る可能性があります。

6. 受け入れがたい行為を目にした場合・その被害を被った場合

もし自身が受け入れがたい行為にさらされたり、誰かがそのような行為を受けていたり、その他気になることがあったりした場合は、できるだけ早くカンファレンス運営者にお知らせください。

WordCamp Kyoto チームは、参加者が会場の警備員や地域の警察に連絡するのを手伝ったり、付き添いをしたり、その他の方法で受け入れがたい行為にさらされている方に力を貸すことにより、カンファレンス期間中安心して過ごしていただけるように応対可能です。ボランティアはスタッフ用の T シャツを身につけています。ボランティアは誰でもカンファレンス運営者に連絡するお手伝いができます。また、ロビーの受付で運営者を呼び出すこともできます。

7. 適用範囲

イベント参加者すべて (スポンサー、ボランティア、スピーカー、一般来場者、その他のゲスト) が、全イベント会場およびイベントに関連する行事などにおいてこの行動規範に従うことを期待します。

8. 連絡先情報

以下のフォームから、このコミュニティガイドラインについてイベントの開催前に、運営者へ連絡することができます。

9. ライセンスと帰属

この行動規範は Open Source Bridge のすばらしい成果をお借りして、当イベントの情報に入れ替えたものです。原文は にて Creative Commons 表示 – 継承 ライセンスのもとにリリースされています。


このページの文章は、WordCamp Central の「Code of Conduct」に加筆・修正したものです。
日本語訳: 2017年2月26日

Code of Conduct

1. Purpose

WordCamp Kyoto believes our community should be truly open for everyone. As such, we are committed to providing a friendly, safe and welcoming environment for all, regardless of gender, sexual orientation, disability, ethnicity, religion, preferred operating system, programming language, or text editor.

his code of conduct outlines our expectations for participant behavior as well as the consequences for unacceptable behavior.

We invite all sponsors, volunteers, speakers, attendees, and other participants to help us realize a safe and positive conference experience for everyone.

2. Open Source Citizenship

A supplemental goal of this code of conduct is to increase open source citizenship by encouraging participants to recognize and strengthen the relationships between what we do and the community at large.

In service of this goal, WordCamp Kyoto organizers will be taking nominations for exemplary citizens throughout the event and will recognize select participants after the conference on the website.

If you see someone who is making an extra effort to ensure our community is welcoming, friendly, and encourages all participants to contribute to the fullest extent, we want to know.

3. Expected Behavior

  • Be considerate, respectful, and collaborative.
  • Refrain from demeaning, discriminatory or harassing behavior and speech.
  • Be mindful of your surroundings and of your fellow participants. Alert conference organizers if you notice a dangerous situation or someone in distress.
  • Participate in an authentic and active way. In doing so, you help to create WordCamp Kyoto and make it your own.

4. Unacceptable Behavior

Unacceptable behaviors include: intimidating, harassing, abusive, discriminatory, derogatory or demeaning conduct by any attendees of WordCamp Kyoto and related events.
All WordCamp Kyoto venues may be shared with members of the public; please be respectful to all patrons of these locations.

Harassment includes: offensive verbal comments related to gender, sexual orientation, race, religion, disability; inappropriate use of nudity and/or sexual images in public spaces (including presentation slides); deliberate intimidation, stalking or following; harassing photography or recording; sustained disruption of talks or other events; inappropriate physical contact, and unwelcome sexual attention.

5. Consequences Of Unacceptable Behavior

Unacceptable behavior will not be tolerated whether by other attendees, organizers, venue staff, sponsors, or other patrons of WordCamp Kyoto venues.

Anyone asked to stop unacceptable behavior is expected to comply immediately.

If a participant engages in unacceptable behavior, the conference organizers may take any action they deem appropriate, up to and including expulsion from the conference without warning or refund.

6. What To Do If You Witness Or Are Subject To Unacceptable Behavior

If you are subject to unacceptable behavior, notice that someone else is being subject to unacceptable behavior, or have any other concerns, please notify a conference organizer as soon as possible.

WordCamp Kyoto team will be available to help participants contact venue security or local law enforcement, to provide escorts, or to otherwise assist those experiencing unacceptable behavior to feel safe for the duration of the conference.
Any volunteer can connect you with a conference organizer. You can also come to the special registration desk in the lobby and ask for the organizers.

7. Scope

We expect all conference participants (sponsors, volunteers, speakers, attendees, and other guests) to abide by this code of conduct at all conference venues and conference-related social events.

8. Contact Information

9. License And Attribution

This Code of Conduct is a direct swipe from the awesome work of Open Source Bridge, but with our event information substituted. The original is available at and is released under a Creative Commons Attribution-ShareAlike license.


Update : February 26th, 2017